電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

容赦ない暑さが今年もやってきました。もうそれはこの時期の農作業の前提条件です。

2023年7月容赦ない暑さが今年もやってきました。もうそれはこの時期の農作業の前提条件です。

休耕畑にソルゴを蒔きました。

夏の暑さは休耕畑の土壌改良を後押しします。緑肥作物のソルゴを播種しました。

畑ごとに蒔く種の量を決めます。

ソルゴは土壌改良と共に窒素分も補います。畑の状態を判断して薄蒔きか厚く蒔くかを変えます。

草取りも続いています。

休耕畑の隣は栽培している畑です。そこではもちろん手取りと機械での除草です。

つると葉が伸びた順に黒マルチを剥がします。

抑草と保湿と保温のために畝を被っていた黒いビニールマルチは、芋のつるが育ってきたら剥がします。

年々早まっていますが今年は特に早いです。

その黒マルチを剥がすのを7月早々からは始めています。気温が高くなっていることに加えて、今年は雨が多かったことからいつも以上に早いスタートです。

除草も兼ねています。

黒マルチは畝の脇の土で押さえていますから、剥がすとその部分に生えている草の除草になります。それをしながら畝間も草取りをしていきます。

真夏日、時々猛暑日という日々になってきました。緑肥作物の播種、黒マルチ剥がし、草取り等の農作業が目白押しです。それにはいかに暑さと付き合っていくかが重要です。今が頑張りどころです。

2024年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月

2023年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2022年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月