電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

今年も雑草を抑えきれず、虫にも喰われました。もうすぐ収穫になりますが、果たして収量はどうでしょうか?

2023年9月今年も雑草を抑えきれず、虫にも喰われました。もうすぐ収穫になりますが、果たして収量はどうでしょうか?

それにしても暑い夏、厳しい残暑でした。

イモムシ除けのクロタラリアも優に2m越えの、今までにない高さにまで育ちました。

農道の草もみるみる生長します。

伸びるだけでなく、太くなるので、刈り払いも一苦労です。

本業は芋を大きくすることです。

芋掘りまで一ヶ月を切りました。実に栄養を蓄えるのを促す最後のEM液肥撒きをやっています。

収穫を見据えての作業になっています。

収穫を見据えての作業になっています。

高温がもたらしたこと。

草に負けていた畑の芋が想いの他生長したり、暑すぎて枯れてきていた芋が復調してきたりと、思いがけないことが起きた今年の栽培でした。

芋掘りが終わるまでやれなくなります。

畑周りの草刈りもここで一旦お休みになります。芋掘りの準備に入り、そのまま収穫作業へと、農繁期になるからです。

今年ほど収量が読めない年はありません。
草の勢いは半端なく、それに押されていれば芋は小さいけれど、暑さを味方にして葉が伸びていった畑もあります。
病気で枯れて諦めていたら、持ち直した芋もあります。
いずれにしても要注目です。

2024年 / 1月 2月 3月 4月 5月

2023年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2022年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月