電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

苗場と畑の往復です。

2021年5月苗場と畑の往復です。

早生種の芽が出てました。

種芋を伏せてから半月あまりの4月中旬、早生種の兼六人参芋や安納芋、かぼちゃ芋の芽が出そろってきました。

土作りは畑の状態をみながらです。

輪作麦を鋤き込んだ後に土作りためのEMぼかし肥料と自家製たい肥を入れていきます。それで不足の畑は、有機肥料で補います。

畝立て前にも鋤き込みます。

肥料等を一通り入れた後にはまた耕運です。そして苗を植える前に除草を兼ねてトラクターがもう一度入ります。

草取りが苗切りに変わります。

苗場では草取りが日課でしたが、育つにつれて手離れします。水と温度管理になり、成苗になると畑に近い環境にします。

小雨は定植日和です。

かなり早い梅雨入りで、小雨の中で苗を植える日がありました。根付きが良くて日差しで苗が焼けることもないので、小雨は歓迎です。

草にも恵みの雨です。

畝の間に、あっと言う間に草が出てきています。気温が高めの上に雨ですから、草にも絶好の日和です。

畑を梯子します。

多品種を栽培していますから、それらは畑で分けています。準備できた苗も多種類なので、一日で何か所も回ります。

そしてまた苗切です。

苗を植え終えたら次の苗を切ります。育苗中は、苗場の草取りと畑作り、その後は苗切りと定植、苗場と畑を行ったり来たりです。

苗を植えるのが年々早くなっていますが、今年は苗の育ちが良いために5月半ばで最盛期になりました。それに合わせてくれたかのような梅雨入りです。
苗も元気ですが、それ以上に草がもう真っ盛りです。

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月