電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

春本番!干し芋の加工が終了しました。

2023年3月春本番!干し芋の加工が終了しました。

予定よりも早く終了です。

収穫から5カ月あまり経つと原料芋の傷みが目立ちます。品種によっては半分くらいしか加工できない芋がありますが、今年度はそれが顕著で、予定よりも早く終了となりました。

気温も高くなってきました。

日差しも強く春本番が近くなってきました。今年は3月の前半で蒸かし終えるのが丁度良い感じの気候です。

風通しを良くします。

干し場の両脇のビニールを目一杯上にして、風が通るようにします。急な雨にだけは要注意です。

蒸かし終えれば片付けです。

仕掛かりの干し芋は一棟のビニールハウス内の干し場に集めて他の干し場は棚を撤去します。干し場から苗場に変えるからです。

加工場はすぐに片付けです。

加工場は大掃除に取り掛かります。干し場の部材を片付けて保管し、空いた順に簾を洗ってそれも仕舞うからです。

2022年度、無事終了です。

最後の干し芋が仕上がるとホッとします。干し芋作りは一年がかりですが、何といっても12月からの加工は特に気を使い、体力も使います。そしてそこでようやく一年かけた干し芋が完成するからです。今年度も頑張りました。

3月中旬になると作業が早い農家は育苗を始めます。
達磨庵では3月終わりを目途に畑と苗場の土作りをしていく予定です。2023年度の干し芋作りのスタートです。
片付けをしていると、“位置について、よ~いドン!”の気持ちになってきます。

2024年 / 1月 2月

2023年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2022年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月