電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

お彼岸までを目途に、干し場を苗床にできるようにします。

2021年3月お彼岸までを目途に、干し場を苗床にできるようにします。

4月初旬の育苗に向けて準備します。

蒸かし作業が先に終わり、干し場が空き次第、その場所を育苗ハウスにしていきます。

ビニールハウス内を更地にします。

まずは簾を置く棚を撤収していくのですが、とにかく頑丈に作りこんでいるので、壊すのも大変です。

干し場一棟ごとに片付けていきます。

部材を結んである紐は、丁度よい長さに揃えてありますから、毎年使いまわしします。
その他の部材も、干し場ごとに、わかるように分けてしまいこみます。

冬に干し場を作ることを考慮します。

3列ある棚の、梁の部分と柱の部分を中央にまとめて、運びやすいように束ねます。
どこの場所で使うのかもわかるようにしておきます。

伸びている麦をかき分けながら、

足場に敷き詰めてある網をよけながら、支柱を抜き取るのですが、深く差してあるので、なかなか大変です。
本数も多く、このところめっきり陽気が良いので汗ばみます。

あとは足場の網を取り除きます。

部材を持ち出したら、網外しです。これも針金で地面に張り付けてあるので、針金ともども冬の干し場作りでまた使えるようにします。
干し場が片付いたら、自家製たい肥を入れて肥えた苗床を作っていくのですが、その前に育った麦の鋤き込みをします。それを始めるのがお彼岸の頃です。

新しい干し芋年度の始まりは、育苗からです。その準備は2020年度の片付けでもあります。
学校や会社の新年度と同じく、気分が一新されるのがこの時季です。

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月