電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

干し芋加工の準備が整いました。春から育てた芋を生かすも殺すもここからです。

2022年12月干し芋加工の準備が整いました。春から育てた芋を生かすも殺すもここからです。

干し場作りも含めて干し芋の加工準備が遅れています。

今年は暖かかったのでビニールハウスの間の草も枯れません。草刈りもひと仕事です。

ビニールハウスの両脇から干し場を作っていきます。

鳥除けの網を脇に張り、屋根からのビニールを締めていきます。外回りを固めてから中の作業です。

日が暮れるのが日に日に早くなっています。

ひと段落するまで作業したら、倉庫内の清掃やスダレ洗いに入ります。

しっかりと棚を拵えます。

なるべくたくさんの簾を並べたいので、ところどころ測りながら棚を作っていきます。

3棟の干し場がもうすぐ完成です。

加工中ずっと晴天が続くことはないので、余裕をもって3棟のビニールハウスを干し場にします。

原料芋を洗浄、選別をすれば加工スタートです。

干し場作りと並行して加工場の準備もしてきたので、後は原料芋を蒸かす準備をすれば今シーズンの干し芋作りが始まります。

12月に入りやっと平年並みの気温になってきました。これで天日干しの農家は安心して加工できます。
達磨庵も準備が遅れていましたが、天気が待っていてくれたと解釈して、張り切って干し芋作りに突入します。

2024年 / 1月 2月 3月 4月 5月

2023年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2022年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月