電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

逞しい草と、まだまだ手のかかる芋です。

2016年7月逞しい草と、まだまだ手のかかる芋です。

よく見ると草が生えてきています。

植えた苗の根が張るころには、草も生え始めます。畝(うね)の間は、土をかき回せば、草はまだ根の張りが浅いので、除草になります。

小さいうちに、早めに。

畝はマルチ(黒いビニール)で抑草していますが、苗を植えた穴から草が顔を出してきています。これは要注意です。この草が伸びると、サツマイモのつるや葉が押さえつけられてしまうからです。
これも小さいうちによく見て抜きます。

だんだん間に合わなくなります。

毎日草取りしながら畑を回っていますが、梅雨の雨と、日に日に気温が高くなることから、草の生長も早まり、手が回らなくなります。
芋の葉が育つまで、なんとか機械除草と手取り除草を頑張っています。

葉が畑で清々と伸びをするまで、もうひと踏ん張りです。

一般栽培の畑は芋の葉ばかりになっています。それは農薬を使うからで、有機栽培の畑は芋の葉ばかりにはできません。けれどそこまでにしなくても、雑草と共存できるまで葉が育てば実に栄養を送れます。
7月一杯は、芋の生長と一緒に草取りの踏ん張りどころです。

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月