電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

高品質な干し芋の原料芋として適うように掘り取りをします。

2016年10月高品質な干し芋の原料芋として適うように掘り取りをします。

やっと秋晴れが続くようになりました。

今年の10月前半は雨が多く、平年よりも2週間遅れでの収穫作業の開始になりました。
だんだん日暮れも早まってくるので、早朝から日が暮れるまで作業をしています。

ひとつの農作業は、大抵が前後につながっています

雑な作業をすると、そのしわ寄せがどこかで来てしまいます。
つる刈りも丁寧にやることで、その後の手でつるを払う作業や、芋の掘り起しがやりやすくなります。
特に紅はるかのつるは太いので、ゆっくりと、場合によっては二度つる刈り機を入れます。

スムーズに掘り起しが出来るように、下拵えします。

つる刈り後にひと手間、長い柄の鎌で残ったつるを払います。傷をつけないで芋を掘り起したいからです。
そうすることで保存性も良くなり、もちろん品質が良い状態で原料芋を収穫することを目指します。

毎日ドキドキです。

掘り起こすまでは、どんなサツマイモに育ったかは解りません。
畑ごとに育ち具合は異なりますが、同じ畑でも、品種でマチマチです。
この畑も、いずみ種は小さい芋が、紅はるかは、いずみの2倍以上もある芋が育ってきました。
いずみは大きく育たない年があるのは解っていましたが、同じ条件下でもここまで違うとは、今さらながらいずみ種を育てることの難しさを再確認しました。

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月