つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華(山口 誓子)

9月23日は秋分。
昼と夜の長さが同じになるこの日を境に、
だんだんと日の出は遅く日の入りが早くなり
この先は秋の夜長となっていきます。

秋分の日を含め、前後3日間(合計7日間)は秋の彼岸です。
仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、
太陽が真東から昇って、真西に沈む春分と秋分は、
あの世とこの世が最も通じやすい日とされています。
ご先祖様のお墓参りに出かける方も多いことでしょう。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、
お彼岸のこの頃からだんだんと秋が深まっていくのですが、
今年は早くも気温が低い日がありました。
毎年のように秋は訪れるのに、まったく同じ年はありません。
当たり前ですが、一年一年大切に過ごさなければと思います。

とはいえ、しんみりとしてばかりはいられません。
秋といえば、食欲の秋です。
先日、一足早く松茸を土瓶蒸しでいただきました。
繊細な松茸の香りを楽しむためだけに作られた土瓶と、
この時季だけ楽しめる料理というのは、
なんと心豊かな気持ちになれるものでしょうか。

熟成干し芋達磨庵の商品も、
召し上がる方の心が満たされ、思わず笑顔になるような、
そんな存在でありたいと思いました。

秋はいろいろなところにあります。
皆さまもそれぞれの秋をお楽しみ下さい。





干し芋マイスター 福井保久

選べる熟成ほしいも:平干し6箱セット(あなたのセレクト) 3,240円(税込)

この商品のご注文はこちら

熟成平ほしいも3箱セット 4,568円(税込)

この商品のご注文はこちら

干しいも歳時記のバックナンバー

一覧を見る

干し芋マイスター 福井 保久