電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

サツマイモも雑草もグンと育つ真夏に突入しました。

2021年7月サツマイモも雑草もグンと育つ真夏に突入しました。

梅雨明けまでは畑と苗場作業でした。

多少の雨では畑に出て草取りですが、畑にいけない日はビニールハウス下の苗場の後片付けをしました。

自家製たい肥の原料にします。

種芋もそこから伸びている つるも葉も青々して元気です。自家製たい肥の良い原料になります。

かなりの嵩と量です。

苗場の土が肥えていることに加えて、気温も高いので、苗を取り終わった後もどんどんと生長しています。
種芋を掘り起こし、つるや葉をまとめて、軽トラックに積み込むのですが、何台分にもなります。
雨の日仕事では終わりませんから、除草が一段落したら再開です。

隣の畑との境は気を遣います。

草の種が自分の畑に飛んでくることを、とても気にする農家の方がいるので、隣の畑の境の草はこまめに刈り取ります。

黒マルチを剥がします。

サツマイモの葉が畝全体よりも大きくなったら、抑草のために畝を被っていた黒マルチ(ビニール)を剥がしていきます。

鋤・鍬・鎌を駆使します。

畝の上は芋の畑をかき分けて伸びてきた草を手で抜いていきます。畝の間もすぐに雑草が伸びてきます。
サツマイモの根がその雑草の下に張っているので、除草の機械は使えませんから、道具を使ってのこちらも手作業での除草が日課になります。

いつものことですが、梅雨明けと共に暑い中での農作業になっています。
サツマイモが畑全体を覆うまでの、ここからが草取りの踏ん張りどころです。暑いですがそれは芋の生長にも必要なことです。

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月