電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

上手くいっている畑もそうでない畑もあります。それに応じた農作業をするだけです。

2016年8月上手くいっている畑もそうでない畑もあります。それに応じた農作業をするだけです。

改めて土作りが基本だと実感します。

植えつけは一番遅い畑でしたが、ここにきてグンと伸びてきて、他を追い抜いてしまいました。ここは自家製たい肥で土作りを続けていた畑です。

サツマイモの生長を観て農作業します。

つると葉の生長の具合を観て、追肥するかを決めます。この畑はもうひと伸びして欲しいので畝(うね)の間に追肥しました。
追肥のボカシ肥料は、もちろん自家製です。

2年がかりで畑の準備しています。

苗を植える直前に畝(うね)を立てるのが当たり前ですが、この畑は来年サツマイモを育てる畝を予め立てた試験栽培です。来年芋苗を植える場所ピンポイントに、マリーゴールドを輪作しています。
マリーゴールドにより土壌中の線虫を減らします。線虫被害が多い畑対策の試験です。
来春のために畑を荒らすわけにはいかないので、定期的な除草は必須です。

まだまだ暑い日が続くので、挽回を期待して畑に通っています。

早々にサツマイモが表面を被った畑は、芋の隙間から伸びてきた草を取るだけですが、生長が今一つの畑には足繁く通う日々です。
暑くて草取りは大変ですが、暑さは芋にとっては追い風です。

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月