電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

今年は畑によって生長に差が出ました。それを踏まえてこの先の農作業を考えています。

2020年7月今年は畑によって生長に差が出ました。それを踏まえてこの先の農作業を考えています。

畝上は手取り除草です。

黒マルチ(ビニール)には剥がすときのことを考えて穴を空けているので、そこから草が生えてきます。
意地悪な草は、苗の根本から苗に絡むように生えてきます。

畝間は機械除草です。

家庭菜園用の小さい管理機“耕運こまめ”ですが、一人前に役立ちます。
この時期は大活躍です。

今年は早植えの苗が順調です。

苗の育ちは植えてからの日数よりも、根付きがどうかで左右されます。今年は5月中に植えたサツマイモが順調です。

つると葉が伸びてきた順です。

“こまめ”を入れることが出来なくなる=つると葉が畝を覆うまで伸びてきた畑から順次、黒マルチをはがしていきます。

つる返しにもなります。

マルチ剥がしは半分ずつ剥がすのですが、畑の表面に降りたサツマイモのつるの節から根が出るのを防ぐ、“つる返し”にもなります。

今年の梅雨は風が強い日も多い。

年々梅雨の雨量が増えてきていて、今年も畑に水溜まりが出来るほどでした。また、風が強い日も多く、剥がしたマルチが風に煽られてしまいます。

植えるのが遅い苗は根付きがあまり良くなかったことと、今年の梅雨の特徴の日照不足がたたり、順調なサツマイモとはかなり育ちに差が出てきています。
肥培管理を二通りにしていくことにしました。
ここ数年、秋の収穫時は雨が多く、芋堀りの日程も長くなっているので、それも見越して肥培管理していきます。

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月