電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

逞しい苗を作り、その中から強い苗だけを選ぶ、それが苗作りです。

2016年5月逞しい苗を作り、その中から強い苗だけを選ぶ、それが苗作りです。

“初期除草が鉄則”です。

どんな農業でも草取りはつきものです。それはなるべく出たばかりの草を取ることが重要です。
伸びてきたら手が回らなくなるからです。それは苗場でも同じで、サツマイモの芽が出る前から出てくる草を取ります。

朝晩の日課です。

日中日差しが強い間はビニールハウス内の温度はかなり高くなるので、朝晩が苗場の草取りの日課です。また、雨の日は集中的にやります。

大きくなってきたら過保護にしません。

5月に入るとグンと苗が伸びてきます。そうしたら苗にとって厳しい環境にして、強くなるように育てます。
朝早めに外気にあてたり、夜も少しずつ囲わないように、水も控えめにします。

節と節が短く太い苗を目指します。

大きく育った成苗だけを切ります。

苗作りと同時並行する農作業は、畑の準備です。5月20日を目処に終わらせておきます。
苗は十二分に大きく育ったものから切り、徐々に畑の地温も上がるので、最初のうちは環境の良い海風が当たらない畑を選んで植えていきます。

広めの苗場にしておき、健康で頑丈な苗だけを選んで切る。これも鉄則です。

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月