電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

寒くて晴天が続く今年の冬は、安心して干し芋作りができてます。

2021年1月寒くて晴天が続く今年の冬は、安心して干し芋作りができてます。

原料芋の品種、大きさ、形で変えます。

小さい芋は丸ほしいも、それより少し大きく長い芋は四切り芋、大きい芋は角切りか厚切りほしいもにしています。

蒸かし方も違います。

それぞれの大きさに仕分けした原料芋は、蒸かす時間も、蒸気の入れ方も、もちろん変えています。

厚切りほしいもは普通の平ほしいもよりも1.5倍以上の厚さでスライスします。

やわらかくトロトロになるまで蒸かしてあっても、厚いので簾に並べるのはやりやすいですが、乾く時間は2倍かかります。

寒い冬になりました。

毎朝のように、今朝がこの冬一番の寒さではないかと感じる程、冷え込みが続いています。 外回りの仕事はそれでも暖かくなる、10時頃から午後3時頃までにやっています。

干し芋には心強いけれど、原料芋には厳しい。

寒い冬は干し芋の仕上がりが一段のレベルになります。干し芋は美味しくなりますが、反面保存中の原料芋には厳しいので、冷え腐り対策が不可欠です。

1月の干し場になっています。

平ほしいもだけの干し場から、丸ほしいも、角切り芋、四切りほしいも、厚切りほしいもが並ぶ、にぎやかな1月らしい干し場になっています。

仕上がりに一ヶ月近くかかる丸ほしいもや、三週間かかる厚切りほしいもは、暖冬だと冷や冷やものですが、今年の冬は安心です。
体は大変ですが、それでも干し芋にとって恵まれた冬を歓迎しています。

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月