電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

2021年度の加工と2022年度の準備が重なり大忙しです。

2022年3月2021年度の加工と2022年度の準備が重なり大忙しです。

もう少しで蒸かし終わります。

新年度の仕度の時期ですが、まだ残っている原料芋の加工もしています。

午前中と夕方だけ加工です。

午後から日があるうちまでは準備をしたいので、蒸かす原料芋は少なくしています。

必要最小限だけ干し場を残し片付けです。

この洗い物の干し場と、加工した干し芋を干せる場所だけ干し場を残し、あとの干し場は片付けを始めました。

とにかく苗場を一度耕運することを目指します。

干し場のビニールハウスを苗場にしていきます。一番にやりたいのは土づくりなので、急いで干す棚を撤去しています。

寒い冬でしたが麦は育っています。

緑肥にする麦が伸びているのを見ると、やはりもう春を感じます。青々しているので土が肥えているのも解ります。

日に日に外での作業が中心になっていきます。

結構手間暇かかるのが干し場の片付けなのですが、だいぶ日が長くなったので良い具合に進めることができます。

すでに育苗を始めている早い農家もありますし、夏野菜の栽培もあちらこちらで進んでいます。達磨庵でも3月末からは今年の干し芋作りに切り替える予定です。
2021年度は収穫量はあまりよくありませんでしたが、原料芋の品質は良く、加工時の天候に恵まれたので満足できる干し芋が出来ました。2022年度も良い年になることを願っています。

2022年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

2021年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月