電話受付時間:月~土 10:00~17:00

達磨庵の今

達磨庵の今

四季折々の達磨庵の畑と干し芋製作の
現場の姿をお伝えします。

収穫も、ひとつひとつの段階を経て進めます。

2015年10月収穫も、ひとつひとつの段階を経て進めます。

つる刈り前の準備。

収穫は、サツマイモのつるを刈って、掘り起し、選別その後収穫になります。
最初にやることは、つるを刈りやすくしていくことです。

意外なひと手間。

土壌中の線虫がサツマイモに悪さをします。達磨庵は土壌消毒をしないので、線虫に悩まされます。そこで、線虫除けになるマリーゴールドを芋と芋の間に植えました。
マリーゴールドが根を深く張ることで効果はありましたが、それがあるために、根を抜かないと、サツマイモを掘り起こすことができません。
一株ずつ手で抜いてから芋堀りにとりかかります。

掘り起し前の準備。

つる刈り機がつるを刈ってくれますが、畝(うね)の脇に伸びたつるは根を張ったまま残ってしまうことがあります。
芋堀り機に絡みつくと機械が止まってしまうために、予め残ったつるは手で刈っていきます。
地味な農作業ですが、スムーズに掘り起しにつながる大事な作業です。

試し堀りしました!

大きくなりやすい品種の「ほし黄金」を手堀りしてみました。
予測とそんなに違わない大きさまで育っていました。
まずは、ほし黄金を、続いて早生種の「安納芋」「兼六人参芋」の収穫をしていきます。

まだ試し堀り段階ですが、良い芋の収穫ができそうです。

これから毎日、畑からの成績表をもらう気分で芋掘りに励みます!!

2018年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2017年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 / 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 / 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月